茅ヶ崎トラストチームとは?

おもい・CTT を楽しむ方法

「できる人が、できる時に、できることで、それなりに 楽しくねっ♪」と、
ママの気づきから、目の前の問題を解決してきました。
その中で学んだことを生かし「遊び」や「共食」「誰かのため、何かのために行動する」経験を
子ども達に提供すると、人の『輪』や『話』が『和』となり、ヒトが循環しはじめました。
そして今、わが子の笑顔だけでなく、「世界」「未来」の子どもたちの笑顔が広がり続くようにと
強く願うようになりました。
そのために 『もったいない』という視点で、環境問題を
『おたがいさま』という関係性から、社会を
『鳥の目 虫の目 ママの目」で 経済を学び、
自然、人、社会をつなぎ、未来につむぎたいと思います。